料理好きのキッチン

キッチンから生ゴミが消える

日々生活をしていると家庭では様々な悩み事が出てきます。
例えばキッチンでは毎日料理をする女性にとって悩ましいことがあります。
それが生ゴミです。
特に仕事で家を空けることの多い男性にとっては分かりにくいかもしれませんが、夏になると特段その臭いがきつくなります。
仕事が終わって夜帰宅しても生ゴミが臭わないのは女性が袋に密封するなど処理をしているからです。
また、三角コーナーなどに放置しておくと害虫の発生原因にもなり、女性とっては深刻な問題です。
そうしたキッチンの問題を解決してくれるのが全自動の生ゴミ処理機です。
機械に入ったものを細かく粉砕してゴミの量を減らすことができ、シンク直結型もありますのでその場合流しにそのまま流すので三角コーナーなどを置く必要がなくなり、洗い場を広く使うことができます。
また、機械内で粉砕された生ゴミは水分と分離されて乾燥しますので臭いが広がることもありません。
害虫などの悩ましい問題も解決しますので毎日キッチンを使用する女性には必需品とも言えます。

キッチンの生ゴミをどこで保管するか

キッチン流しの三角コーナーに生ゴミを溜めているご家庭も多いと思いますが、ここではいつでも水しぶきがかかり、乾燥することはありません。
三角コーナーから袋詰めする際もなかなか水が切れず、臭いの原因となります。
キッチンの見栄えもよくないので、新聞紙やいらない紙の上で皮むきなどをしてくるみ、台所下の収納、冷蔵庫、食器棚の隙間にデッドスペースがあるならばそこに収納するようにすると余分な水分が含まず、臭いも抑えてゴミ出しの日まで保管することができます。
特に魚を下ろした後の生ゴミは虫も沸いてきやすく、液垂れした部分の臭いはなかなかとれません。
魚メニューはゴミ出し前日に調理し、それまで冷蔵庫で保管すると何日も常温保管せずに済みます。
レギュラーコーヒーをコーヒーフィルターで漉す方、ドリップコーヒーを飲まれる方なら、コーヒーの抽出カスに活性炭よりも優れた効果があると言われているのでそのコーヒー粉も脱臭・消臭剤になります。
キッチンの衛生管理をすると共に、すっきり見栄え良くするには虫が沸かない、ゴミが見えない工夫が必要です。

おすすめWEBサイト

ハウススタジオをレンタルする

2017/12/26 更新

copyright(c) 2015 こだわりのキッチン all rights reserved.